ブログ

小陰唇(しょういんしん)の肥大と原因と大きさの平均【びらびらが大きい】

婦人科形成  / 小陰唇縮小術

昔からあそこのびらびらの大きさが気になっていた。
股からびらびらが飛び出してみえて恥ずかしい・・
パートナーにびらびら大きいねと言われてしまった
大きなびらびらが擦れて痛痒い・・・

こんなお悩みはありませんか。

自分のお体のコンプレックス、特にデリケートゾーンの悩みは、なかなか他人に相談しにくいものです。
この記事では、小陰唇の大きさに関する悩みに焦点を当てます。小陰唇(しょういんしん)とは女性のデリケートゾーンにあるびらびらのこと。

人によってその大きさや形は様々ですが、時にはその大きさが不快感や自信の喪失につながることも。この記事を通じて、小陰唇の基本や肥大する理由、そしてそれに対する解決策について理解を深めましょう。

 

小陰唇(しょういんしん)はどこ?大きさの平均は?

小陰唇(しょういんしん)とは女性の外性器の一部で、大陰唇の内側に位置する薄くて柔らかい組織のことです。

役割としては、性交時の刺激や感染・乾燥からの膣や尿道口の保護などがあります。 VIO脱毛をしたことがある方にとっては「Iライン(大陰唇)の内側のびらびら」というとわかりやすいかもしれません。

小陰唇の大きさの平均は?

小陰唇の大きさには個人差があり、一般的には幅が0.7cmから5cm程度の範囲内で変動し個人差が大変大きいです。

これはあくまで一般的な範囲であり、「正しい」サイズというものは存在しません

小陰唇のサイズの平均値についても諸説あり、文献などによりその値は様々。1.4cmくらいとするものから3cm程度とするものまで色々です。ですので、小陰唇の肥大に対する治療の観点では、「平均と比べてどうか」よりも「ご自身が困っているか・気になっているか」を重視するのがおすすめです。

 

小陰唇が肥大する理由

小陰唇肥大の理由は多岐にわたります。ここではいくつかの一般的な原因を紹介します。こちらの記事もご覧ください。

【自転車で股が痛い女性必見】陰部の痛みの治し方と予防法

遺伝的な体質

親からの遺伝により、生まれつき小陰唇が大きい人もいます。

診療をしていると「物心ついたころからびらびらの大きさが気になっていた」「以前よりもびらびらい」というお話しをうかがうことが実は多いです。

加齢

年齢を重ねることで体のさまざまな部位が変化するように、小陰唇もまた変化します。

「いつのまにか小陰唇が大きくなっていた気がする」というかたや「以前よりも小陰唇が伸びてしまった気がする」というかたも少なくありません。

小陰唇のこすれによる肥大

運動やタイトな下着による摩擦によって日常的に小陰唇に刺激が加わり、小陰唇の肥大化を促すことがあります。

同じ理由で小陰唇や大陰唇の黒ずみやこすれが生じる場合も多く、締め付けが強い下着を使いがちなかたはより摩擦が少ないものを検討されることがおすすめです。

ホルモンバランスの影響

生理周期や避妊薬の使用、妊娠などホルモンバランスの変化が小陰唇の大きさや黒ずみに影響を与えることがあります。

妊娠中は小陰唇縮小術などのお手術を受けることができませんが、妊娠・授乳後にお受けになるかたも多いです。

妊娠や出産による影響

妊娠、出産は女性の体に大きな変化をもたらします。

ホルモンバランスの変化のみでなく、出産という行為そのものによって小陰唇が大きくなったり、出産時に巻き込まれて伸びてしまうこともあります。

アトピー性皮膚炎やリンパ浮腫などによるもの

これらの病気も小陰唇の肥大に影響を及ぼすことがあります。

もともと何らかの全身に関与するご病気をお持ちの場合は、その主治医に相談してみることもおすすめです。

カウンセリング

 

小陰唇肥大の症状とよくあるお悩み

小陰唇肥大によるトラブルは、ただ単に見た目の問題だけではありません。

小陰唇が大きいことによって多くの女性が日常生活で不快感を感じたり、自信を失ったりしています。

特に、タイトな衣服を着ている際や運動をする時に、摩擦によるかゆみや圧迫による痛みを強く感じることがあります。また、見た目に対するコンプレックスから、性生活に影響が出ることも少なくありません。具体的なお悩みとしては以下のようなものがあります。

  • お体の不快感: 自転車に乗る時、ジーンズを履いている時、運動する時、長時間座っている時などに感じる痛みやかゆみ、不快感。
  • 見た目に対する悩み: 水着や下着を選ぶ時、またはパートナーとの関係性の中で、自分のデリケートゾーンの見た目にコンプレックスがあることで気持ちが後ろむきになってしまう。
  • 性交時の不快感: 小陰唇が大きいことで性交時に巻き込まれてしまったり、痛みを伴ったりすることがあります。
  • 衛生面での懸念: 小陰唇が 肥大していることにより溝に汚れが溜まりやすくなったりむれやすくなったりすることにより炎症や感染を繰り返すことがあります。においが気になるということも。

小陰唇の肥大にともなうこれらの悩みは、女性の日常生活の質を大きく下げることがあります。 しかし、これらの症状や悩みに対しては、適切なケアや治療によって改善することが可能です。ここからは小陰唇肥大に対する治療法について詳しく解説していきます。

 

小陰唇肥大の治療方法

小陰唇の大きさや肥大に悩んでいる場合、最も一般的な治療は小陰唇縮小術です。

これは、余分な組織を取り除き、小陰唇のサイズを小さくする手術です。 渋谷あおぞらクリニックでは小陰唇縮小術を通常、静脈麻酔下で患者様の意識のない状態でおこなっており、手術時間は30分程度です。術後は腫れや痛みを生じることがありますが、これらは数日から1週間程度でおさまっていきます。

小陰唇縮小術によって、多くの女性が見た目の改善だけでなく、日常生活での不快感の軽減を実感しています。

詳細はこちらの記事もご覧ください。

【症例】びらびらを切る手術って痛いの?〜小陰唇縮小術〜

 

小陰唇縮小術がおすすめのかた

小陰唇縮小術は、日常生活で不快感を感じたり、見た目に対して深刻なコンプレックスを抱えている方に推奨されます。

特に、運動や着用する衣服によって不快感や痛みを感じる場合や、性生活に支障をきたしている場合には、この手術によって大きな改善が見込めます。ただし、手術を受ける前には、専門の医師とじっくりと話し合い、自分にとって最適な治療方法を選択することが重要です。

 

小陰唇縮小術のリスクと合併症

他の医療処置と同様に、小陰唇の肥大に対して行われる小陰唇縮小術も潜在的なリスクや合併症の可能性を伴います。

小陰唇縮小術の術後症状

手術直後に最も一般的に報告される症状には、局所的な出血、痛み、腫れ、そして場合によっては内出血があります。

これらは多くの場合、数日から長くても1週間程度と一時的なもので、適切なケアと休息によって改善します。手術部位の痛みに対しては、痛み止めをお渡しするので内服いただくことで抑えることができます。

小陰唇縮小術の注意すべき合併症リスク

一方で、より深刻な合併症も稀に発生します。

「血腫」は手術部位に血液が溜まる状態で、強い腫れや圧迫感や痛みを引き起こすことがあります。「感染」は手術による切開部が細菌に晒されることで起こりうるもので、発熱、腫れ、異常な排出物などの症状が現れることがあります。また、傷の離開、つまり手術した部分の縫合が開いてしまうリスクもあり、これは程度によっては再手術が必要になることもあります。

これらのリスクを最小限に抑えるためには、手術を行う医師の選択が重要です。経験豊富で信頼できる医師による手術は、合併症のリスクを大幅に低減することができます。小陰唇縮小術を受ける前に医師と詳細なカウンセリングを行い、手術の流れやこうしたリスク、術後のダウンタイムの過ごし方について十分に理解しておくことが重要です。

さらに、患者様自身が手術後のケアを慎重に、丁寧におこなうことも重要です。小陰唇縮小術を受けたら医師の指示に従って適切なケアを行い、予定されているフォローアップの診察を受けることで、注意すべき症状を認識しておくことで合併症の早期発見と治療が可能になります。

 

渋谷あおぞらクリニックで小陰唇縮小術を受けるメリット

渋谷あおぞらクリニックは、特に「婦人科形成」分野における豊富な症例数と高度な技術力で知られる医院です。

婦人科形成の豊富な症例数

在籍する医師は、小陰唇縮小術をはじめとする各種の婦人科形成施術において、累計で1000例を超える治療実績を持ち、患者様お一人ひとりのお悩みや希望に合わせたパーソナライズされた治療内容で高い評価をいただいています。

手術前後のケア体制

婦人科形成の手術における技術の高さはもちろん、患者様が抱える不安や疑問に対して、十分な時間をかけたカウンセリングと丁寧な説明を行い、治療の各ステップで患者様が安心して過ごせるよう努めています。

特に、手術前後のサポートに力を入れており、患者様が抱える心配ごとに対して、公式LINEを通じて24時間体制で医師に直接質問や相談が可能な体制を整えています。これにより、患者様はいつでも医師からの連絡を受けることができ、治療過程全体を通じての不安を大幅に軽減することが可能です。

他院修正の実績

さらに、渋谷あおぞらクリニックは、他院で受けた手術結果に満足できなかった患者様向けの修正手術にも積極的に対応しており、これまで多数の修正手術の実績を積み重ねています。このような状況にある患者様にとって、過去の不満を解消し、理想とする結果を得られるようサポートすることで、新たな自信を得る機会を提供しています。

適正価格での婦人科形成

治療費用に関しても、渋谷あおぞらクリニックは適正価格での治療を心掛けており、患者様が費用の面でも安心して治療を受けられるように配慮しています。高品質な治療を提供しつつも、患者様の経済的負担を考慮した価格設定は、多くの方々にご満足いただいている点のひとつです。

小陰唇縮小術については、ぜひ次の動画もご覧ください。

 

小陰唇の肥大を防ぐ方法

小陰唇肥大を完全に防ぐ確実な方法はありませんが、いくつかの対策は日常生活での不快感を軽減し、リスクを低減するのに役立ちます。

例えば、締め付けるような衣服や下着を避け、よりゆったりとしたものを選ぶことが重要です。これにより、摩擦や圧迫感が減り、小陰唇への刺激を最小限に抑えることができます。

圧迫感を減らす事は、小陰唇の肥大を防ぐだけでなく、黒ずみを防ぐという大きな意味合いもあります。渋谷あおぞらクリニックでは、陰部の黒ずみに対するレーザー治療も行っています。"脱毛して黒ずみに気づいてショックを受けた"、"びらびらの黒ずみがコンプレックスだ"という方はとても多いので、まだ気にならないという方も下着の素材やサイズに気をつけて黒ずみの発生を予防しましょう。

また、定期的に適度な運動を行うことで血流が改善し、健康的なライフスタイルを維持することも重要です。衛生的に保つことも重要で、適切な洗浄方法を実践し、過剰な洗浄や刺激物の使用を避けましょう。

 

小陰唇の肥大に関するよくある質問

ここからは、小陰唇の肥大に関連する質問をいくつかピックアップしていきます。

Q1 小陰唇縮小術後のダウンタイムはどのくらいですか?

回復期間は個人差がありますが、多くの場合、痛みや血などの症状が出るのは最初の数日くらいです。

こうした症状も、横になって休むほどではないことが大半なので、翌日からお仕事に戻る方もたくさんいらっしゃいます。

Q2 小陰唇の肥大は何歳から気になり始めますか?

小陰唇の大きさに気付くのは思春期以降が多いですが、気になり始める時期は人それぞれです。

クリニックでカウンセリングをさせていただいていると、「物心ついた頃から、自分のビラビラが大きくておかしいなぁと悩んでいた」「何度も触っては大きさを確かめてしまっていた」とおっしゃる方も多いです。

最近はVIO脱毛が当たり前になってきましたので、その影響で露出したデリケートゾーンを見て、「あれ?私のびらびらって大きいのかな」と気づいたという方も多いです。

Q3 小陰唇肥大の手術の痛みはどの程度ですか?

当院では基本的に小陰唇縮小術を静脈麻酔下で行っています。

静脈麻酔は手術の直前に点滴を取らせていただき、そこからお薬を入れて眠っていただくという麻酔なので、手術中は意識がない状態で進行していきます。局所麻酔の痛みも感じずに終了するので、ご安心ください。

術後の痛みは鎮痛薬で抑えられる程度の方がほとんどです。翌日もお仕事があるなど心配な方は、72時間痛みを抑える効果が持続する「エクスパレル」という麻酔を使うのも良いでしょう。

Q4 小陰唇縮小術後、見た目は自然になりますか?

小陰唇縮小術は、傷跡が比較的きれいに治りやすい手術として有名です。

とはいえ、術後の状態は医師の技術により大きく差が出る部分でもあります。 「他のクリニックでこの手術を受けたが、傷跡が気になる違和感がある」「左右差があるのに考えすぎと執刀医に言われてしまった」などのご事情で他院修正を行うことがとても多いです。

ですので、クリニックや医師選びには慎重になるべきです。症例写真を見せてもらったり、カウンセリングでいろいろな質問をしたりして、"この先生なら安心できる"と思える医師を選んでください。

 

失敗しない小陰唇縮小術なら、渋谷あおぞらクリニック

もしあなたが小陰唇の肥大について悩んでいるなら、それは一人で抱え込む問題ではありません。

渋谷あおぞらクリニックでは、お一人ひとりの患者様の悩みに寄り添い、最適な施術内容を提案しています。

不安や疑問がある場合は、お気軽にLINEからご相談ください。プライバシーを尊重し、心からのサポートを提供することをお約束します。どんな小さな悩みでも、専門知識を持った医師が親身になって対応いたしますので、一人で悩まずにご相談くださいね。

医師スタッフ一同、みなさまのご来院を楽しみにお待ちしております。

 

 

婦人科形成のあれこれについてはこちらもご覧ください。