ブログ

お風呂上がりのお湯漏れはトレーニングで治る?水が出る原因と治療を説明

デリケートゾーンのケア  / デリケートゾーン専用レーザー

みなさん、こんにちは!
今回の記事では、"お風呂上がりのお湯漏れ"をテーマにお話ししていきます。

はじめに〜お風呂上がりのお湯漏れ〜

  • お風呂から出た後、しばらくしてから膣からお湯が漏れる。
  • 温泉やプールでお湯やお水が膣に入る感じがする・・・
  • 産後お風呂上がりに膣からお湯が出てきて、下着を汚してしまうことが増えた。

そんなお悩みはありませんか?


お風呂上がりの瞬間、快適なはずの時間が不快なものに変わってしまうことがあります。今日お話しするテーマは「お風呂上がりのお湯漏れ」です。この現象は多くの女性が経験していますが、その原因となる身体の変化についてはあまり知られていません。

この記事では、このお湯漏れが起こる原因と治療法・予防方法などをお話ししていきます。

 

お風呂上がりのお湯漏れの原因

お風呂上がりのお湯漏れの原因は膣の緩みです。その膣の緩みの原因は、一つではありません。

出産後の身体の変化が一因となることもありますが、それだけではなく、年齢を重ねることによる骨盤底筋の自然な弱化も関係しています。

さらに、運動不足や不適切な食生活がお湯漏れを引き起こす可能性もあります。 特に更年期前後になると女性ホルモンの量が一気に減り、膣の緩みやそれに伴うお湯漏れ症状などを自覚する女性が増えます。

お湯漏れは10代や出産前でもある?

入浴後のお湯漏れに代表されるような膣のゆるみの症状は加齢や出産をきっかけに生じることが多いですが、重要な点として、出産を経験していない若い女性や、特に高齢とは言えない年齢の女性でも、お湯漏れを経験することがあります

これは、体質的に膣が緩みやすい、あるいは骨盤底筋が元々弱いといった理由が挙げられます。

つまり、お風呂上がりのお湯漏れは年齢や出産の有無にかかわらず、多くの女性が直面する可能性のある問題なのです。 

 

膣の緩みのセルフチェック方法

入浴後のお湯漏れをきたす膣のゆるみに関しては、セルフチェック方法があります。

このチェックは自宅で簡単にできる方法で、骨盤底筋の状態をある程度把握することができます。

たとえば、座って足を閉じた状態で、骨盤底筋を締める運動を試みることができます。このとき、筋肉の締め付けが感じられない、あるいは非常に弱い場合、膣のゆるみがある可能性があります。

クリニックでできる膣圧測定

しかし、膣のゆるみが実際どれくらいあるのかを把握するためには、セルフチェックだけでは限界があります。

より正確な診断を得るためには、専門医による診断が不可欠です。

渋谷あおぞらクリニックでは、治療を受ける前の段階として、膣圧測定を行うことができます。この測定は、膣の力と健康状態を正確に評価するための重要な手段であり、お湯漏れの原因となる膣のゆるみを具体的に把握するのに役立ちます。

一方、大切なのは、膣の圧力の値が一緒であっても、ゆるみを自覚する方と全く気にならないという方がいるということです。同じ数値であってもお風呂上がりのお湯漏れが生じるかた・生じない方がいらっしゃるのです。

膣の圧力は数値としては1つのデータですが、大切なのはその方が実際に困った症状を抱えているかどうかということ。数値が少し低いからすぐ治療を受けなくてはいけないわけではないし、逆に数値が高かったとしても気になる症状があるのであれば治療が適応となる場合が多いです。

 

お風呂上がりのお湯漏れの対処と改善策

お風呂上がりのお湯漏れに対処するためには、日常生活でできる骨盤底筋のトレーニングが非常に有効です。

簡単なエクササイズを日々のルーティンに取り入れることで、骨盤底筋を強化し、お湯漏れのリスクを減らすことができます。また、バランスの取れた食生活や適度な運動も、全体的な身体の健康を保ち、お湯漏れの予防につながります。

 

膣のゆるみに効くトレーニング「膣トレ」の方法

膣トレーニングと調べると様々な内容のものが出てきますが、中でも有名で尿漏れ治療の一環としても取り上げられているのがケーゲル体操と言われる膣のトレーニングです。

ケーゲル体操は骨盤底筋群を鍛えるためのエクササイズで、これらの筋肉を強化することで尿失禁の改善、性生活の質の向上、出産後の回復などに効果があるとされています。

初心者でも簡単に始められるケーゲル体操の基本的な方法を紹介します。

膣トレ「ケーゲル体操」の基本ステップ

  1. 1. 正しい筋肉を見つける
  2. 骨盤底筋群を意識するためには、排尿を途中で止める動作を試みると良いでしょう。
    このときに感じる筋肉が骨盤底筋です。ただし、実際のトレーニング時に排尿を止めるのは推奨されません。これはあくまで筋肉を認識するための一時的な方法です。

  3. 2. 適切な姿勢を取る
  4. 座った状態、立った状態、あるいは仰向けになった状態で行うことができます。初めは仰向けになると、筋肉を意識しやすいかもしれません。

  5. 3. 筋肉をゆっくりと締める
  6. 骨盤底筋をゆっくりと締めて、3〜5秒間その状態を保持します。息を止めずに、リラックスして呼吸を続けましょう。

  7. 4. 筋肉をゆっくりと緩める
  8. その後、筋肉をゆっくりと緩めて、完全にリラックスさせます。緩める時間も締める時間と同じくらいにしましょう。
  9.  
  10. 繰り返しこの動作を10回繰り返し、1日に3セット行うことを目指します。

膣トレ「ケーゲル体操」の注意点

  1. 1. 過度に力を入れない
  2. 他の筋肉(お尻、太もも、腹筋)に力が入らないように注意してください。骨盤底筋のみを意識しましょう。
    このときに感じる筋肉が骨盤底筋です。ただし、実際のトレーニング時に排尿を止めるのは推奨されません。これはあくまで筋肉を認識するための一時的な方法です。

  3. 2. 定期的に実践する
  4. 効果を感じるまでには数週間かかる場合があります。毎日続けることが重要です。

  5. 3. 正しいフォームを維持する
  6. 正しい筋肉を鍛えているか自信がない場合は、医療専門家に相談することをお勧めします。

ケーゲル体操は簡単に始められ、日常生活に取り入れやすいエクササイズです。効果を最大限に得るためには、正しいフォームで継続的に実践することが大切です。

ここからは、こうしたトレーニングをしていても良くならないようなお風呂上がりのお湯漏れに対して有効な治療をご紹介していきます。

 

お湯漏れの治療①インティマレーザー

お風呂上がりのお湯漏れで悩んでいるなら、インティマレーザーを用いた治療が解決策の一つとしておすすめです。

これは、最新の技術を駆使した非侵襲的な治療法で、レーザーを用いて骨盤底筋や膣の粘膜組織を強化し、膣の健康を取り戻すことを目的としています。治療は比較的短時間で終わりダウンタイムも短いため、日常生活に大きな影響を与えません。

インティマレーザーについてはこちらの記事もご覧ください。

【東京でインティマレーザーが安いクリニックをお探しの方へ】陰部・乳輪黒ずみ解消・尿漏れ・膣引き締めの効果を説明します

 

お湯漏れの治療②膣へのヒアルロン酸

もう一つのお風呂上がりのお湯漏れ治療として、膣へのヒアルロン酸注入があります。

ヒアルロン酸は体内でも自然に生成される物質で、保湿や弾力を与える効果があります。

この治療では、ヒアルロン酸を膣内に直接注入することで、膣の乾燥や弾力の低下を改善し、お湯漏れの問題を緩和します。 当院では静脈麻酔を使用するので痛みはほとんどなく、施術後すぐに日常生活に戻ることができます。

カウンセリング

膣からのお湯漏れの実際の症例

渋谷あおぞらクリニックでは、さまざまな背景を持つ女性たちがお湯漏れというデリケートなお悩みに対して適切な治療を受け、日常生活の質を改善しています。

お風呂上がりのお湯漏れは年齢を問わず多くの女性に共通するお悩みであり、私たちはそのお一人ひとりに合わせた最適な治療プランをご提案しています。

30代のお湯漏れ治療

産後の体の変化によるお湯漏れに悩む、30代のAさん。以前は全くなかったのに、出産後からずっとお風呂の後のお湯漏れに悩んでいました。

ネットで調べてもあまり出てこないし、家族に言うのは恥ずかしいし・・・。でも、お風呂の後に新しい下着に履き替えたらいつも少ししてからお湯漏れが始まってその下着が濡れてしまう。

出産から5年経ってようやく、渋谷あおぞらクリニックでのインティマレーザー治療を知りご来院くださいました。

Aさんはインティマレーザー3回のお湯漏れ治療後、以前感じていた不便や不安から解放され、より自信を持って快適な日々を過ごせるようになりました。

60代女性のお湯漏れ治療

一方で、銭湯に行った後の急なお湯漏れに頭を悩ませていた60代の女性Bさんには、膣へのヒアルロン酸注入を受けていただきました。

ただお湯漏れに悩んでいただけでなく、お話しをうかがうとここ最近膣の乾燥が気になり日頃から痒みがあり、性交渉の際にも濡れづらく痛みが生じていたとのこと。

お湯漏れに対する治療としての膣の引き締めと、膣の粘膜の水分量アップの目的で膣へのヒアルロン酸注入をご提案しました。

Bさんは治療を受けた後、日常生活における突然のお湯漏れによる心配が大幅に減少したと感じ、同時に乾燥によるトラブルや性交痛も減ったと満足されました。

出産していない10代でのお湯漏れ

一方、お若いかたにもお湯漏れは生じます。

10代や20代でお湯漏れに悩んでいるというかたも、渋谷あおぞらクリニックでのレーザー治療でその心配事を解消することができました。

出産経験のない若年層でもお湯漏れの問題は珍しくなく、早期に対処することで将来的なリスクを軽減することが可能です。

幅広い年代のかたが、お風呂上がりのお湯漏れ治療を通じて自身の体をより深く理解し、生活の質を高めることができていると感じています。

渋谷あおぞらクリニックでは、これらの事例のように、個々の患者様の状況とニーズに合わせた治療オプションをご案内しています。インティマレーザー治療や膣へのヒアルロン酸注射など、最先端の医療技術を駆使して、女性が抱えるお湯漏れという問題に対して最適な解決方法を提案します。

患者様お一人ひとりのプライバシーを尊重し、信頼いただける環境の中で最善のケアを提供いたします。

 

渋谷あおぞらクリニックで
お湯漏れ治療を受けるメリット

個人のクリニックで膣圧測定やレーザー治療、そしてヒアルロン酸注入まで幅広くお湯漏れに対する施術を行っているところはかなり珍しいと思います。

渋谷あおぞらクリニックには、お風呂上がりのお湯漏れ治療に精通した医師・スタッフが揃っております。

レーザー機器としてはインティレーザーの最新機器を投入しましたし、ヒアルロン酸に関しても、お身体への注入のために開発された専用で安全な製剤を導入しています。

患者様一人ひとりの状態に合わせカスタマイズされた治療プランをご提案し、インティマレーザー、ヒアルロン酸注入、脂肪注入など、幅広い選択肢から最適な治療をお選びいただけます。また、麻酔薬の有効な使用により痛みを最小限に抑え、適正価格でサービスを提供しています。

デリケートなお悩みを打ち明けやすい、相談しやすい雰囲気のカウンセリングを心がけておりますので、気になるかたはぜひ一度ご相談にお越しくださいね。

 

まとめ
〜入浴後のお湯漏れ治療なら
渋谷あおぞらクリニック〜

ここまで読んでくださりありがとうございます。渋谷あおぞらクリニックでは、みなさんお一人ひとりにご満足いただけるようなお湯漏れ治療をご提案しています。

これまで一人でお湯漏れに悩んできたというかたはぜひご相談くださいね。ご予約はwebから、お問い合わせは公式LINEからお願いいたします。

医師スタッフ一同、みなさんのご来院を楽しみにお待ちしております。

婦人科形成のあれこれについてはこちらもご覧ください。