ブログ

糸リフトの失敗例〜後悔した原因と対処法・注意点とは〜

糸リフト  / 若返り治療

みなさん、こんにちは!
今回の記事では、"糸リフトの失敗"をテーマにお話ししていきます。

はじめに〜糸リフトとは〜

たるみ治療・小顔治療として有名な「糸リフト」。
あなたも聞いたことはありますか?


医療用の特殊な糸を使ってお肌の内側にある組織を引き締め、リフトアップすることで、若々しい印象を取り戻すことができる施術です。

短時間でわかりやすい変化を得られるたるみ治療として有名な一方、「糸リフトをやって後悔した」「思ったような結果にならなかった」という声も実際にあります。それはなぜでしょう?

美容外科・美容皮膚科の他の施術同様、糸リフトという施術も適切に行わないと思わぬ失敗につながることがあるのです。

この記事では、糸リフトの基本から失敗しないためのポイント、さらには失敗したときの対処法まで、分かりやすく解説していきます。また、当院で施術を受けた方々のビフォーアフターの写真も公開しますので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

もし糸リフトについてのご相談やお問い合わせがあれば、いつでも公式ラインからお気軽にご連絡ください。




糸リフトの施術失敗例

糸リフトは、メスを使わずに顔のリフトアップやたるみの改善を目指す施術ですが、期待した結果を得られない場合や、思わぬ副作用が発生する場合があります。

ここからは、糸リフトの一般的な失敗例とその原因、さらに失敗がもたらす物理的・美容的な影響について詳しく説明していきます。

①不自然な表情

糸リフトが適切でない位置や深さに挿入されてしまった場合、顔の一部が不均等に引き上げられ、不自然な表情を引き起こす可能性があります。

数週間経ちダウンタイムが落ち着いた後でもなお笑顔が引きつる表情がおかしいといった場合には執刀医に相談しましょう。

②糸リフトが透ける/感じる

皮膚が薄いかたで、かつ糸が浅すぎる層に挿入されてしまった場合には施術に使用された糸が外からうっすら透けて見えてしまうことがあります。また、お顔に触ったときに糸リフトの先端がある感覚が感じられてしまうことがあります。
糸リフトの経験が豊富で技術のある医院・医師を選ぶことが必要です。

③糸リフトの効果が持続しない

糸の選択や本数、挿入技術に問題がある場合などは施術後の効果が予想よりも一時的となり、すぐに元の状態に戻ってしまうことがあります。
患者様お一人一人のお顔の状態をしっかり診察し、適切なプランを提案してくれる医師の施術を受けることが大切です。

④肌が凸凹になる

糸の挿入部位や深さが適切でない場合、肌表面に凸凹が生じることがあります。

施術直後に生じる小さなものであれば時間経過とともに改善することがほとんどですが、長期的に続いてしまっている場合には執刀医に相談すべきです。糸リフトの引っ張り具合を調整したり、窪みに対してヒアルロン酸を注入したりといった方法で修正されることがあります。

⑤左右差がある

施術における糸リフトの引き上げ効果が左右で異なると、輪郭やたるみの程度の非対称性が目立ってしまうリスクがあります。
あおぞらクリニックでおこなっている他院修正の理由としてはこの左右差も多いです。
左右差の状態次第ではありますが、引き上げがたりない側に糸を増やしたりすることである程度修正が可能です。

⑥逆にたるんで見える

糸リフトの目的はたるみの改善ですが、効果的な糸の選択や正確な施術が行われない場合、逆に部分的なたるみが目立ってしまうことがあります。

⑦顔が引き攣る

糸を過度に引き上げてしまったり、不自然な位置に糸が固定されてしまったりすると、顔の皮膚が引き攣ったように見えることがあります。

時間経過とともに改善することがほとんどですが、あまりにも引き攣れがひどい場合には修正の処置をすることもあります。

⑧糸の先端がコリコリと触れる

糸リフトに用いた糸の先端が皮膚の浅いところにある場合、外部から触ると糸の先端が感じられます。視覚的な影響は少ないものの、不快感を伴うことがあり、特に敏感な人にはストレスの原因となることがあります。

時間経過とともに目立たなくなることが多いですが、なかなか解消されない場合にはその部分の糸を切ることが可能です。
特に痛みや皮膚の赤みを伴うような場合には、早めに執刀医に相談しましょう。

カウンセリング

 

糸リフトの種類

糸リフトで失敗を避け、理想の結果を得るためには糸の選択が大切です。

あおぞらクリニックでは医師がカウンセリングの際に患者様のご希望をうかがい、実際にお顔に触れてオーダーメイドで糸の種類を決定していきます。


糸リフトといっても色々あるんです。太い糸、細い糸、コグ(トゲトゲ)の特性や糸の構造もそれぞれ様々。あえてパッケージ化はせずに、お一人ひとりの状態に合わせて使用する糸の種類や本数、入れ方などを細かくご提案しています。

失敗を避けるための対策

ここまで読んで、糸リフトって怖い・・と思ってしまったかたもいるかもしれません。
でも大丈夫です!
ここからはそんな失敗を避けるために大切な考えかたなどを書いていきますね。

①糸リフトのクリニックと医師の選び方

糸リフトを成功させるには、経験豊富な医師と信頼できる医院の選択が不可欠です。
価格だけでなく、医師の技術や実績、クリニックの評判を総合的に評価しましょう。

もちろん、あまりにも高額の場合は避けた方がよいです。一方、価格が相場よりもあまりにも安い場合は
・新人医師の研修目的の施術
・質の悪い糸を仕入れている
・口コミが悪く、価格を下げないと受けてもらえない
こんな事情があるかもしれません。

あおぞらクリニック眼科 形成外科では「適正価格」を心がけています。全体的にお受けいただきやすい価格となっております!

②糸リフトのカウンセリングの重要性

先日診療をしていたら、「他のクリニックに糸リフトのカウンセリングを受けに行ったら、ほとんどがカウンセラーからの説明で、医師は3分ぐらいしか出てこなかった」という話しを聞きました。

美容外科以外の診療もそうですが、医師が患者の健康状態を詳細に確認し、生じうる合併症やリスクについて十分な説明を提供することはとても大切です。

施術に対する理解を深め、不安や疑問を解消するためにも「相談しやすい雰囲気で、執刀医自身が丁寧に施術の流れやリスクなどを説明してくれるかどうか」これを重視するようにしてください。

③糸リフトのアフターケアの確認

質の高いアフターケアは、糸リフトの施術の安全性と患者満足度を大きく左右します。施術後に何か気になる症状が現れた場合、すぐ医師に相談できる体制が整っているかを確認することが大切です。

糸リフトにかかわらず、様々な分野の美容医療において、当院では他院修正を行うことも多いです。
よく伺うお話しとしては、他院で手術を受けた後に、例えば左右差や傷跡、痛みが気になるといった悩みが生じたが、執刀医に相談をしても「気にしすぎだ」と言われて帰されてしまったというお話です。

渋谷あおぞらクリニックでは、施術を受けていただいたすべての方に術後安心して過ごしていただきたいので、不安がある際は何度でも診察を受けに来ていただきたいですし、夜間でもすぐに相談できるように医師に直通する公式LINEを作りました。

 

あおぞらクリニックで糸リフトを受けるメリット

渋谷あおぞらクリニックは、糸リフト施術における豊富な症例数と高い患者満足度が特徴です。

ご家族やご友人などからの紹介がきっかけで来院される患者さんが多いことからも、その信頼性が伺えます。

①必要最低限の本数

あおぞらクリニックでは、不必要なリスクを避けるため、必要最低限の糸の本数で施術を行うことを心がけています。

患者さんの話を聞くと、他のクリニックで"あなたは20本位入れないと変わらないですよ"と言われて、1回の糸リフトに100万円近く使ったことがあるという方もいらっしゃいました。

ですが、当院ではできるだけ少ない本数でコストを押さえて施術を受けていただき、その分たくさん通っていただいたり、他にも気になる施術に挑戦していただいたりすることを重視しています。

必要以上の本数を入れることにあまりメリットはなく、逆に痛みや引きつれが生じてしまったり、内出血や腫れといったダウンタイムの症状が長引く恐れもあります。

②痛みへの配慮

渋谷あおぞらクリニックでの糸リフトは、術後の痛みや腫れが生じにくいというメリットも持ち合わせています。

上に書いたように糸の本数が最低限であることも痛みを減らす大きな1つの要素です。

他にも、麻酔薬の組成をオリジナルものにしたり、短時間の処置であってもご希望の方に静脈麻酔を使ったり、エクスパレルという長時間作動型の局所麻酔薬を使ったりなど、術後少しでも快適に過ごしていただけるために、痛みを抑える工夫をしています。

②豊富な症例経験

渋谷あおぞらクリニックの医師は、過去に糸リフトの症例を累計1000例以上経験してきました。

今回の記事で紹介したような他院での施術後の修正経験も豊富です。糸リフトは医師の経験や技術によりその効果や仕上がりが大きく変わりますので、ぜひ安心してご相談ください。

まとめ
〜失敗しない糸リフトなら渋谷あおぞらクリニック〜

ここまで読んでくださりありがとうございます。渋谷あおぞらクリニックでは、みなさんお一人ひとりにご満足いただけるような糸リフトの施術内容をご提案しています。

これまで他で受けて失敗されてしまったというかたや、受けてみたいけど怖くてためらっていたというかたもぜひご相談くださいね。ご予約はwebから、お問い合わせは公式LINEからお願いいたします。

医師スタッフ一同、みなさんのご来院を楽しみにお待ちしております。